プリンターの目詰まりトラブルも即解決|快適USEプリンター

プリンター

選び方と把握

プリンター

目詰まりをなるべく起こさないようにするには、日頃からのプリンターの使用方法だけでなく、一番初めのプリンターの選び方も関係しています。機種選びとメーカー別での改善方法を把握しておくと良いでしょう。

ポイントと問い合わせ

カラーが濁っている場合にはプリンターの目詰まりが原因な可能性があります。インクの種類が違うと詰まりやすいので気をつけましょう。

人気が高まっている3Dプリンターは何処までできるか気になる人は必見です。ココでは、プリンターが活用される具体的な内容を説明しています。

目詰まりさせないようにする

プリンター

毎日使用しているプリンターでも、目詰りして印刷ができないようになる場合があります。プリンターの目詰まりは業務用や家庭用関係なく起こることもあるので、常に目詰まりしないように気をつけておく必要があります。プリンターが目詰まりしないようにするには2つのポイントがあります。それはちゃんと電源をオフにする、ホコリの混入に気をつけるといことがあります。月に一度使用するかもわからないという場合には、最低でも月に一度はテストプリントなどで正常に動けるようにしておくと良いでしょう。テストプリントはプリンターの動作を確認するための機能で、殆どのプリンターに付いている機能です。簡単に操作できるので、定期的にテストプリントで動作を確認しておくと良いでしょう。また、ホコリの混入ですが、これは用紙トレイの開きっぱなしが原因になっています。プリンターを使用した後には必ず用紙トレイを閉じておくようにしましょう。前後の用紙トレイどちらにも言えることです。

問い合わせしてみる

上記の目詰まりしないポイントをしっかり行なっていてもプリンターが目詰りする場合、プリンターのメーカーに点検してもらったほうが良いでしょう。何か別の原因でプリンターが目詰りしている可能性があります。プリンターが保証期間であれば無料で修理ができますので、メーカーに問い合わせをしておいて損はありません。問い合わせは電話だけでなくメールでも出来るようになっていますので、いつでもどこでも簡単にメーカーに問い合わせができます。

サービスと購入

インク

プリンターには業務用と家庭用の二種類あります。業務用プリンターは会社や企業が使用しているもので、インクや電気代等コストパフォーマンスが良いことが求められています。

二種類のインク

インク

コストパフォーマンスだけでなく、インクを購入する場合にはインクの種類も確認しておくと良いでしょう。インクには純正インクと非純正インクがあり、それぞれ違った特徴を持っています。