プリンターの目詰まりトラブルも即解決|快適USEプリンター

プリンター

二種類のインク

種類を把握しておく

インク

印刷を何度も行なっているとインクの量は減ってきます。インク量が減ってしまうと印刷が出来なくなってしまいますので、インクを買い換える必要があります。この時、純正インクと非純正インクのどちらが良いのか悩んでしまうことが多くあります。種類に悩まされることなく、スムーズにインクが購入できるように純正インクと非純正インクの違いを確認しておいたほうが良いでしょう。まず純正インクですが、プリンターのメーカーが独自で制作していることから、パッケージにメーカーロゴが記載されています。そしてプリンターの特徴に合わせて最適にインクが使用できます。メーカーが制作していることもあって、メーカー保証が付いています。インクを換えてプリンターを使用した際に何か不備があった場合、メーカーが対応してくれるようになっているのでありがたいです。価格が高めになっているインクでもあります。

安くて保証がない

非純正インクですが、上記で紹介されている純正インクよりも価格がリーズナブルで、これにはプリンター製造メーカーではない会社が製造していることからです。そのためパッケージにはメーカーロゴがありません。もちろんメーカー保証もありません。非純正インクはインク漏れのトラブルが多くあることから、業務用プリンターも家庭用プリンターも純正インクを使用する人が多くいます。しかし、価格がリーズナブルということから、非純正インクを使用しているという人もいるのです。価格で比較するか、保証で比較するかで選ぶことになるでしょう。また、どちらのインクもネット通販でまとめ買いが出来るようになっていて、通常価格よりもリーズナブルな価格で購入できます。